So-net 0 SIM

雑誌デジモノで入手した So-net の 0 SIM。

1年ちょっと使っていたけど、ほんとサービス粗悪です。回線掴むかで時間かかりすぎ、というかスムーズに掴まない。
iPad mini 4 SIM フリー版で使用していました。当初は So-net 推奨の接続設定で使用していたのですが、LTE の掴みは非常に悪く、つながっても速度が 1M以下。

構成プロファイルを入手してインストールしたところ、しばらく安定して使えていたのに、昨年末から悪化して、どこに行ってもインターネットに接続できない。。。。

構成プロファイルの再インストール、おすすめの構成プロファイルを入手して適用したり、ジェネレーターでプロファイルを自作して適用したり、もちろん So-net で公開されている設定情報も試したけど、もうつながらない、つながっても超遅い、テキストデータ自体、満足にダウンロードできない、メールがいつまでたってもダウンロードできない。。。。悲惨です。

 

で、自宅の Wi-FI 環境でスピードテストのアプリをいくつかダウンロードし、外出先で得度テストしてみたら、おおむね、速度が 10 ~ 30 ・・・kB !!!??。もう・・・、30年前のアナログモデムの世界ですね。朝、日中、夜、深夜問わず。。。安定した低速接続。

 

ってことで、SIM の乗り換えをしようと、いろいろ情報漁ってたら、イオンモバイルのイオン SIM が3月末まで 1円で販売されているぅ。早速、イオンへ出向き購入しました。

 

aeonmobile.jp

 

 

 

 

 

 

手続きにちょっと時間がかかったものの、即日交換完了。もう、快適すぎです。DMM も選択肢にありましたが、SIM の入手コストが 1円なのがイオンの決め手。しかも、データプランの選択肢がたくさんあるのがいいですね。

0 SIM のときも、なんだかんだで 1GB 近く使っていて、400円から500円ぐらいは毎月支払が発生していたので、イオン SIM の1GB プランの 480円は十分ペイします。
何よりもストレスなくインターネットが使えるのがよいです。

 

0 SIM を使うためにいろいろ試行錯誤していたことが本当時間の無駄でした。So-net のサポートは期待できないし、そもそも改善すること自体は考えてはいないようなので、さっさと So-net には見切り付けたほうがよいでしょう。

 

イオン SIM はいまなら1円ですし、とりあえず使ってみて、満足できなかったらそのまま解約すればよいので、0 SIM に不満があれば、試してみる価値はあると思います。データ SIM なら、解約金も発生しませんしね。で、たまーに 0 SIM を使ってあげれば、0 SIM もキープできるので、このまま様子を見ることにしまーす。チャンスは今月末までですよ。

 

 

 

 

楽天ブラックカード

昨年末、楽天から特別なご案内が届いた。
楽天ブラックカード、年会費32400円が5年間無料とのことです。 

年会費はともかく、5年間無料に惹かれて申し込みました。楽天ブラックカードのことをネットで調べたら、結構書き込みが多いですね。楽天で年数百万買い物しているのに案内が来ないとか愚痴っている人達がいますが、ほんとかよー!!
楽天で年数百万も買うものがあるんかいなー。

 

私の楽天での去年の買い物は、上海問屋で送料無料の乾電池 89円だったかな・・・をひとつ、ふるさと納税で3万円ほど寄付。ただ、職場の近くにサークルKサンクスがあり、Rポイントカードはわりと頻繁に使っていたので、昨年末時点ではプラチナ会員でした。

所有しているクレジットカードも、DC ゴールドとファミマ JCB カードぐらい。撃沈している方々、案内が届かない方々の書き込みkを読むと、どこぞのプラチナカード保有だとか、年間数百万円買い物しているとか・・・すごい面々の方々ばかりですが、購買履歴とかカードの所有状況とかは、今回の案内の発送とは関係はないでしょうね。

多分、5年間無料の案内の発送はプラチナ会員対象で間違いないでしょうけど、プラチナを維持していた期間も数か月程度なので、プラチナを維持している期間ではなく、恐らく特定月のスタータスがどうだったか?が案内を送るかどうかの判断になったのではと思われます。楽天での買い物金額もあまり関係なさそう。

 

在籍確認はなくカードは無事発行されました。
利用可能限度額は、手持ちのゴールドカードの限度額の倍程度です。年末の申し込みで、年明け後もカードの発行状況は全く進展なし。突然カード発行手続き完了のお知らせが届きました。申し込みから手元にカードが届くまで、約2週間程度です。 

楽天ブラックカードは審査が厳しいとのことですが、自分の属性としては、収入も平均的な40代のサラリーマン年収。楽天での買い物もほとんどしないし、所有しているクレジット カードも一般的なカードのみ。審査基準がよくわからないですね。

 

カードは Master を選択。海外での利用を考えるなら、Master か Visa のいづれかでしょう。JCB ほ国内では問題ないですが、海外ではホント使えない三流クレジットカードなので、グローバルで使うのであれば、JCB はやめたほうが無難です。

さて、カードが発行されて1か月以上経過しましたが、いまのところ楽天 toto の購入利用のみ。プライオリティパスも、利用できるエアライン系ラウンジは大韓航空のみ。日本からの出国時にはまったく役に立たないでしょうい。第一、利用できるラウンジが、一般クレジットカード向けのラウンジと大韓航空のラウンジのみでしょぼすぎ。JGC 会員だし、 JAL しか使わないので、プライオリティパス自体のメリットないな。

 

楽天プレミアで送料無料とあったので期待していましたが、制限ありすぎ。2000円以上の購入が必要、かつプレミア対応しているショップでしか使えないですね。3900円の年会費はぼったくりです。あとは、マスターカードのプラチナのメリットをどこまで享受できるかってところがポイントですね。とりあえず、15000ポイントがもらえたので、よしとしましょう。

ところで、楽天カードの問い合わせ窓口が17:30 で終了するんだけど、ブラックカードを名乗るなら、24時間体制にするか、せめて 22時ぐらいまで受け付けるとか改善してほしい。

てか、しろ!

 

 

 

 

香港旅行 1

(為替レート:HK$1 = 12.6 円 です。)

JALのマイルが期限切れになるので、アジア圏内の航空券と交換。近場の香港にしました。 期間は 2013/10/18 (金) - 21 (月)。前回は中国返還前に訪れたので、ほぼ20年ぶりの旅行です。

 

啓徳空港から新しい空港に変わって、残念ですねー。

啓徳空港のときは、夜間の街の景色がそれはもうサイバーちっくで、飛行機からの眺めは、間違いなく世界一でした。新しい空港は清潔感があり、かなり大きな空港です。香港国際空港スワンナプーム空港 (バンコク)、チャンギ空港 (シンガポール) と比較すると、日本の成田空港、羽田空港は、ほんとアジアの地方空港という感じ。

 

香港の入国審査は、半端なく長蛇の列。世界中から人がわんさか来ているという感じ。さて、入国審査の際、ある程度の人数毎に区切ってカウンターまで進んでいいように指示されますが、このとき、複数あるカウンターの中で、どこのカウンターに並ぶかは自分で選択できます。ただ、人数が少ないから進みが早いかと思ったら、そんなことはなかったです。

まず、インド系、中東系の列には並ばないほうが無難です。私が並んだ列では、インド系の人が審査を受けていましたが、10分以上も待っても進まなくて、結局別のカウンターに移動することに。また、入国審査官と英語でのやりとりができない連中の後ろに並ぶのも NG。カウンターに並ぶ際は、中華圏の人たちがいる列の方が進みが早いかなという感じ。もしくは、日本人の列がよいですね。日本人の場合、タイでもシンガポールでもそうでしたが、割とスムーズに入国審査が進む印象がありますね。

 

さて、無事入国できたら、SIM カードを購入にいきます。

この日のために、docomo で SIM ロックを解除したタブレットを用意。SIM カードの購入は、事前にネットで調べておいたので、行動はスムーズにできるはず!・・・・と思ったら。。。  (次回に続く)